paipo のすべての投稿

意識し始めてしまって脱毛を始めた

最近ちょっと自分の体毛が気になり始めた。

というのも私は昔から全体的に体毛が多くて、少し目立つ方でした。

それは友達にも言われてたのですが、正直右から左へ話を流していました。

体毛は男なら誰でも濃いだろうし、僕は少し目立つだけだからと思ってました。

それでも言われ続けると意識はしてしまうのが人間です。

ついに話を流せなくなりました。どうしてでしょう。

無意識に薄くしたいと思ったからでしょうか、それともそもそも意識してはいて考えないようにしていたんでしょうか。

言われたその日に名古屋の脱毛サロンでお店を探していました。

名古屋は人が多いとは思っていたけど、まさか脱毛店も多いなんて思わなかった。

結構女性用のお店が多いけど、男性用のお店も多くて助かります。

脱毛は女性が気になったところをやるイメージがあるのでそのイメージは間違ってなかったようです。

でも、男性も多いんですね。

男性の脱毛を考える箇所の第一位は髭なんだそうです。

そりゃそうですよね、髭は毎日剃らないといけない面倒なところですから。

できるなら一生生えてほしくはないところです。

なんで髭って生えるんですかね。

女性も生えるようですが、男性に比べれば薄くて目立たないし、生えないって人もいるみたいです。

羨ましくなりますね、意識しちゃったからそう思うようになっちゃいました。

永久脱毛とは言わないが、薄くできれば多分満足できると思う。

借りたくても借りれない人へ

「お金に困ったら親に言いなさい」そんなことを言われて育ってきました。

金融は怖いしドラマでは怖い男の人が取り立てに来る映像がバンバン流れるし、正直借りる予定なんて全くなかった。考えてもいなかった。

すり込み効果ってやつですか、金融は怖いものっていうのは親から教わらなくてもなんとなくテレビ観てると覚えるよね。

大学生になったころ、親と喧嘩して実家を出る決心をしました。

一人暮らしするお金はないのでバイトをして少しずつ貯めていこうと思っていたけど、そううまくはいかなくてね、結局は目先の娯楽に使ってしまい貯蓄はゼロに近い。

このままだと一人暮らしできない。

だからって親に一人暮らしの費用を出してくれなんて言えないし、言いたくもない。

一刻も早く実家を出て自由になりたいのに…。

こんな状態だといつまとまったお金ができるかわからない。

俺が娯楽を制限すれば済む話なんだけど、できそうもないし(楽しみがあるから仕事ができるわけだし)

そんなある日、バイト帰りに街で金融広告の張り紙を見つけた。

昔あんなに怖がって借りないと思っていたものなのに今見ると抵抗感がなくなっている。

不思議なものですね、実家を出たい気持ちの方が大きいからかな。

こういうのってなんだかんだ言っても結局親にバレるだろうなぁなんて考えながら家に向かって歩きながらもバレないように借りられないかななんて考えてた。

部屋に入って携帯でバレない方法を探してたら見つけたよ、そういうサイト。

親バレせずにお金を借りるって書いてある。

ちょっとビクビクしながらも後日話を聞きに行ったら本当にバレずに借りれるようだった。

あんまいいところに住む予定はないし、バイト代と合わせればいいかなと思って、限度額は低く設定して10万円借りた。

借りれた…。

バイトだけど仕事をしてるから貸してくれたけど、これが無職だと借りれないみたい。

返済能力がないと無理みたい。

おかげで念願の一人暮らしはできたわけだけど、しっかり期限までに返さないといけないし、まだまだ余裕はできそうもない。

でも、気持ち的には自由になった。

コンブチャクレンズが流行っているらしい

僕の女友達から聞いたんですが、今コンブチャクレンズというのが流行っているんだそうです。

コンブチャ?クレンズ?

いわゆる置き換えダイエットというやつらしくて、食事の回数を減らして、代わりにこのコンブチャクレンズを飲むとか。

なんだか、単純に食の量が減ればそれで痩せるような気もしますが・・・・

山田優とかも飲んでいるらしく、女子の間ではテンションの上がる話らしいですね。

こういうやつです。→コンブチャクレンズは痩せないらしい?口コミから見える真実とは?

 

ところで、ダイエットで思い出すのが、コンビニ弁当なんですよ。

一時、晩御飯をコンビニ弁当ばかりにしていたことがあるんですけど。

あれものすごい太りますね。

量はそんなに食べていないのに、継続すると変な太り方してきます。

何が入っているんですかね・・・・。

怖いです。

 

しかもコンビニ弁当って、腐りにくいんですよね。

添加物も色々と入ってるんだと思います。

それを食べている人間も腐りにくいんだそうですよ。

つまり死んでもしばらく腐らないという・・・・・。

 

そうなると、スーパーで売っている食材もなんだか心配になってきます。

本当に美味しい野菜なんかを食べると、普段食べているのは何なんだろうと思うことないですか?

慣れてしまうとそのおかしさにも気づきにくいんですけど、麻痺してますね。

 

まぁ心配したらキリがないですし、何も食べられなくなってしまいますけど。

 

そんなことを考えながら、今日もコンビニ弁当です!!!!

 

 

友人から電話がありました

久しぶりに友人から電話がありました。

大学を卒業してから10年ほど経ちますが久しぶりに話しましたね。

ところが非常にトーンが低い。暗いですねぇ。

何やら会社を辞めたとかで、生活費も段々なくなってきたとのこと。

「俺はどうやって生きていったらいいんだ?」

という相談でした。

要するに「お金貸して」という話です。

 

いやいや、それはやめたほうがよいと思うわけです。

友人間でのお金のやり取りはやめたほうがよいでしょう。

友人間でのお金のやり取りはギクシャクしてしまう原因になりえるので極力避けたいものです。

 

好都合なことに、この日本においては仕事は結構たくさんあります。

選り好みしなければ土方でも生きていくことはできます。

流石に24時間拘束されることもないでしょうから、空いた時間で、また就職を考えればよいのでは?という話をしました。

しかもこいつは独身なので、一人暮らしなら十分食っていけますよね。

50歳、60歳になってくると体力がきつくなってくるかもしれませんが、一時だけならなんとかなるでしょう。

 

実際に電話をかけてきた友人は、その後工事現場で働きながら、次の就職先を見つけました。

ただ、そこにも長居するつもりはないらしく、いわゆる経営コンサルタントみたいなことを目指しているそうです。

その後、中小企業診断士の資格を取るといっていました。

わたしは資格のことはよくしりませんが、何か資格を持っているというのは、それはそれでなんだか嬉しいですね。

 

なかなか就職ってのも難しいですよね。

求人をしているということは、直前に誰かやめた可能性も高いわけで、もしかしたら離職率が高い仕事なのかもしれません。

 

そういう中での就職なので、簡単には行かないのかもしれませんね。

 

意外と転職市場も盛況のようで、実際の所がどうなっているのか見えにくいのですが、あっちからこっちへ、こっちからあっちへ移動しているだけなんですかね・・・・。

なんだか転職市場は株式市場みたいなものなんでしょうか。

株が売買されれば、それで証券会社は儲かる。

人が移動すれば、それで転職会社は儲かる。

 

その先のことは知らん・・・・と。

世知辛い世の中ですね。